炊飯器に入れるだけ!ぶどうのシロップとコンポートのレシピ

収穫したものの、まだ未熟で出荷できないブドウを使って、シロップとコンポートを作ってみました。

そのまま食べるとまだ酸っぱくて子供たちも食べてくれなかったのですが、氷砂糖につけることで甘みが増して、とっても美味しくなりました♪

レシピを残しておきますので、そのまま食べるには酸っぱいブドウや、ジュース・ジャム用の見切り品のブドウが手に入ったらぜひ試してみてくださいね。

この記事の内容

ぶどうのシロップとコンポートの材料

ぶどうシロップの材料

今回はピオーネを使用。まだ熟れきっていないので、そのまま食べると酸っぱいです。でも捨てるのはもったいないんですよね~

用意するものは、たったの3つ!(2つでも可)

  • ぶどう500g
  • 氷砂糖500g(ぶどうと同量)
  • クエン酸2g(なくてもOK)

今回は、倍量の1kgずつで作りました。

クエン酸はなくても大丈夫です。あった方がぶどうのピンク色が綺麗に出ます。

ぶどうのシロップとコンポートの作り方

1.ぶどうの軸をとる

ぶどうを綺麗に洗って水気を切り、付け根についている軸をとります。

皮はむかない方が香りが強く、美味しいです。

※農薬が気になる…という方がいらっしゃいますが、ぶどうの農薬は基準を守っていれば、収穫3週間前からはかけていないはずです。また、その後にかけられるの農薬は日本農林規格(JAS)の有機農産物栽培においても使用することができる天然成分由来ものですし、果実は袋に包まれているので、ちゃんと洗えば心配する必要はないと考えています◎

2.氷砂糖と一緒に炊飯器に入れる

ぶどうシロップづくり

洗ったら後は炊飯器におまかせでできます♪

軸をとったぶどうと氷砂糖を、ミルフィーユのように交互に炊飯器に入れていきます。

3.氷砂糖がとけるまで炊飯器で保温する

炊飯器

あとは、炊飯器の保温ボタンを押して、氷砂糖がとけるまで放置するだけ!

今回は倍量作ったので15時間くらいかかりましたが、レシピ通りなら一晩おけばほぼ溶けます。

ほったらかしで出来るので、とっても楽ちんです♪

炊飯器でぶどうシロップづくり

一晩たつと、ぶどうから出た水分で氷砂糖が溶けてシロップ状に♪ぶどうにもしっかりと火が通って、皮も柔らかくなっています。

4.クエン酸を加えて、消毒した容器に詰める

ぶどうのコンポート

保管するときは実とシロップを分けた方が、食べやすいし傷みにくいです◎

出来上がったら、粗熱をとってからクエン酸を加えて混ぜます。

その後実とシロップを分けて、それぞれ消毒した容器に詰めて保存しましょう♪

5.食べ方レパートリーいろいろ♪

自家製ぶどうジュース

手作り&無添加だから、子供のおやつにも安心です♪

出来上がったシロップは、水や炭酸水で割ってぶどうジュースにしたり、ヨーグルトにかけたり、牛乳や紅茶に入れても甘みと香りがプラスされて美味しいです。

ぶどうのコンポート

食べ始めるととまらない、甘酸っぱさが魅力のコンポート

コンポートはタルトなどのお菓子作りに使用したり、ちょっと疲れたり小腹がすいたりしたときに、ひとつパクっと口に入れると元気がでますよ♪

こうやって煮ておけば皮をむく品種のブドウも皮ごと食べられるようになるので、皮に含まれる食物繊維やポリフェノールも無駄にすることなく摂取することが出来ます。

それに、酸っぱいブドウも甘くなるので、味にうるさい子供たちも食べてくれて、おやつの代わりになりました◎

ぶどうの消費に困っている方がいましたら、ぜひぜひ作ってみてくださいね~!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしています

コメントする

この記事の内容
閉じる