食器洗い機は家事の時短になる?【結論】我が家はやめました

家事の時短のために、食器洗い機の導入を検討している方もいらっしゃると思います。

食器洗い機があると便利だし節水にもなると言うけれど、実際にはどうなの?

食器洗い機は決して安いものではないし、とにかく場所をとるので導入にも悩んでしまいますよね。

我が家は賃貸ですが、キッチンにビルトインの食洗器がついていましたので、しばらくはそれを有難く使わせていただいていました。

確かに食器洗い機がある事で便利に感じる面もありましたが、やはり欠点もあり、一長一短だなというのが我が家の感想です。

この記事では、食器洗い機と手洗いの両方で時短を目指してみた私の経験した、「食器洗い機と手洗いそれぞれのメリットデメリット」をお話ししていきたいと思います。

この記事の内容

食器洗い機は本当に家事の時短になるの?【結論】我が家は使うのをやめました

食洗器

我が家の食洗器はビルトインタイプです

結論として、我が家は現在では食器洗い機の使用をやめて、手で食器を洗っています。

我が家が食器洗い機の使用をやめた主な理由(デメリット)は次の5点です。

1.完全お任せには出来ず、予洗いが必要

まず、食器洗い機は全自動で洗いから乾燥までをこなしてくれるイメージですが、決してそうではありません。

水で予洗いして食べ残しを取り除いておかないと、すぐに中の部品が詰まってしまうのです。

実際に、詰まってエラーを起こしているのに気づかずに仕事へ行って、いざ帰宅して夕食で食器を使おう!と思って食洗器を開けると、洗えておらず臭っていたことが数回ありました…。

また、排水部分に食べかすをキャッチしてくれる網がついているのですが、毎回洗わないと細かな食品がからまって、不衛生です。

食べかすだけでなく、油汚れも軽く落としておかないとぬるつきが残ることがあります。

また、目玉焼きの黄身やグラタン皿のふちに残ったチーズなどもスポンジで落としておかないと、食器洗い機だけでは落とすことが出来ませんでした。

グラタン皿をごしごしスポンジで手洗いしているときなんかは、

「このまま勢いで全部手で洗ってしまった方が絶対早いよな…」と感じていました。

2.全体がきちんと洗えるように詰めるのが難しい

食器洗い機の中にお皿を並べるのにも、工夫が必要です。

適当に放り込んだだけでは、きちんと洗剤や水が行き渡らず、汚れがお皿に残ってしまいます。

全体がきちんと洗えるように、一定のスキマを確保しながら詰めるのがとても難しいと感じました。

また、スキマを確保するように詰めるということは、大量には詰め込めないということ。

我が家は5人家族で使用する食器も多いので、食洗器1回では収納できず、結局残りは手洗いしていました。

鍋やフライパンなどの大きな調理器具も、もちろん手洗いです。

結局、完全自動で食器洗い機におまかせ!とはなりませんでした。

3.小物を洗うのが難しい

我が家は毎日お弁当生活をしています。

手洗いだとチャチャっと洗えるお弁当のシリコンカップやピック類も、食洗器で洗おうとするとひと工夫しなければなりません。

小物をそのまま食器洗い機に放り込むと網から落ちて詰まりの原因になるので、小物専用の洗いカゴに詰めて、食器洗い機に入れる必要があるのです。

そのため、「小物用の洗いカゴ」を管理する手間が増えてしまいました。

4.電気代やガス代がかかる

食器洗い機の売り文句のひとつに、「手で洗うよりも節水になるので経済的!」という点がありますよね。

確かに、食器を手洗いしていると無駄に水を流しっぱなしにしてしまうことがあるので、もったいないなぁと感じることもあります。

しかし、だからといって食器洗い機を導入すると、今度はお湯を使用するため、電気代やガス代が余分にかかることになります。

食器洗い機の高温のお湯でさっと洗い上げた食器は、指がキュッと音を立てるようなさっぱりとした洗い上がりで、本当に気持ちが良いです。

ですが、その分ガス代が大きく跳ね上がってしまったので、時短だけでなく節約もしたい我が家にとっては、食器洗い機が悩みの種となりました。

5.修理に手間がかかる

食器洗い機は、水回りで使用する家電なので、ほかの家電に比べて故障も多い印象です。

実際、我が家が食器洗い機の使用をやめた最終的なきっかけも、故障でした。

手洗いなら、まず故障知らずです。

でも、食器洗い機に慣れていると、いざ修理で数日手元にないだけでそれまでの生活リズムが狂いますし、ビルトインタイプだと貴重な休日に修理屋さんを呼ばなくてはなりません

この点もなんだかおっくうだなぁ、と感じてしまいました。

以上の5点が大きなきっかけとなって、我が家では食器洗いは手洗いに戻しました。

食器洗い機が家事の時短になるのはどんな人?食器洗い機のメリット3つ

しかし、我が家の生活スタイルに合わなかったからといって、食器洗い機が悪い製品だとは思いません。

食器洗い機を導入することで劇的に楽になる方も多いし、だからこれだけ沢山のご家庭に普及しているのだと思います。

日ごろから時短家事を心がけている私が実際に食器洗い機を使ってみて、「こんな人には便利だろうな」と感じたケースをいくつかご紹介します。

1.食器洗い洗剤での手荒れに悩んでいる方

ハンドクリームを塗る手

手荒れが気になる方には食洗器おすすめです。

何よりも食洗器をおすすめしたいのが、食器洗い洗剤での手荒れに悩んでいる方です。

最近では、手に優しい洗剤やフィット感の高いゴム手袋など良い製品も沢山販売されてはいますが、それでも手荒れや主婦湿疹に悩んでいる方は多いと思います。

食器洗い機があれば、自分は水で予洗いするだけでOKです。

洗剤が必要な工程は機械が済ませてくれますので、手にはとても優しいなと感じました。

2.一人暮らし、夫婦のみもしくは子どもがまだ小さい方

家族の人数がまだ少ない方や、子どもさんが小さくて食器があまり多くない方にもおすすめです。

食器洗い機に一度で食器がすべておさまるご家庭なら、一度で洗い終われるのでかなり家事を時短することが出来ます。

食べ終わったらさっと食器洗い機に食器を詰めて、あとはフライパンを洗えば皿洗い終了です。とっても楽チン!

最近では少人数向けの小型食洗器も多数販売されていますよね。

例えばこんなタイプ。Amazonでのレビューもとても良いです。

5人家族の我が家では到底間に合いませんが(汗)共働きのご夫婦のみのご家庭では検討してみる価値は大いにアリだと思います。

3.食器の形が統一されているご家庭

食器の形を同じもので揃えているご家庭も、食器洗い機の導入に向いていると言えるでしょう。

というのも、我が家は実家から持ってきた食器も多く、特にこだわりもないので形がバラバラ。

バラバラのものを等間隔に詰めようと思っても、無理がいくのは当たり前です。

家族の人数分同じ形の食器で揃えているご家庭なら、特に平皿などは均等なスキマを保ちつつ簡単に食洗器に詰めることが出来るのではないでしょうか?

ネットのレビューによると、イッタラのティーマは食洗器対応で、シンプルな形状で詰めるのも楽なのだそうです。

我が家ももう少し余裕が出来たら、いつかティーマで食器を揃えて食器洗い機に復活する日もある…かもしれません◎

以上3つのケースのようなご家庭では、我が家と違って食器洗い機があった方が家事の時短に繋がり、メリットを感じやすいと思います。

食器洗い機をいきなり購入するのに抵抗があるなら、レンタルで試してみよう


/家電はレンタル出来る時代です!\

このように、食器洗い機が家事の時短になるかどうかは、各家庭の生活スタイルによって大きく結果が変わるケースが多いです。

「安いものではないし、実際に使ってみないとわからないのに、いきなり買うのは不安…。」

そんな方は、家電のレンタルを試してみるのもオススメです。

Rentio」というサイトなら、往復送料無料で2週間、食器洗い機を実際に家でレンタルして試してみることが出来ます。

「ネット上では魅力的に見えたのに、実際に使ってみると我が家には合わなかった…。」

購入後に宝の持ち腐れにならないように、事前にお試しして納得してから、合う合わないをじっくり判断してみましょう◎

我が家には食器洗い機は合わなかったけれど、家事の時短方法はひとつではない!

食器洗い機

自分に合った時短方法を探し続けよう

残念ながら、我が家の場合は「食器洗い機は時短にならない!」という結果になってしまいました。

けれど、家事の時短方法は決してひとつではありません。

大切なのは、周囲に合わせることではなく、本当に自分が快適に過ごせる家事の仕組みを見つけ出すこと。

食器洗い機の良い面も悪い面も知って、

「我が家の場合はどうなのか?」

そう、みなさんが考える材料のひとつになれたら嬉しいです◎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしています

コメントする

この記事の内容
閉じる