レシピ愛用中「勝間式超ロジカル料理」全粒粉パン一斤あたりのコストはいくら?

勝間和代さんの著書「勝間式超ロジカル料理」に影響を受けて日々ロジカル料理に取り組んでいますが、中でも私が一番気に入っているレシピが、全粒粉のパンです。

ホームベーカリーの付属レシピよりも安定していて作りやすく、具材をたっぷり入れても全粒粉を100%入れてみても、ほぼ失敗しらずです。

そのため最近は毎朝とっても美味しいパンを食べられているのですが、ふと一斤あたりのコストが気になってしまいました。

材料はすべてAmazonで調達していますので、今日のブログでは、勝間さんレシピで全粒粉パンを焼いた場合、一斤あたりいくらかかっているのかを計算して出してみようと思います。

この記事の内容

勝間式超ロジカル料理の全粒粉パンに必要な材料

勝間式両ロジカル料理に掲載されている全粒粉パンに必要な材料は、引用すると以下のとおりです。

  • 天然酵母…30g
  • 全粒粉(パン用)…125g
  • 強力粉…125g
  • 砂糖…10〜15g
  • 塩…4g
  • 無塩バター…10〜15g
  • 冷水…150cc
  • 有塩ミックスナッツ…40〜45g
  • レーズン…40〜45g

ラクして おいしく、太らない! 勝間式 超ロジカル料理より引用)

ほぼレシピ通り焼いていますが、全粒粉の量を増やしても問題なく作れたので、現在は全粒粉100%で焼いています。

また、有塩ミックスナッツは塩分が気になるのと、アーモンドを砕くのが大変なので我が家では無塩の生くるみを使用しています。

勝間さんはYou Tubeでナッツを砕かず入れていらっしゃいましたが、我が家のホームベーカリーではある程度砕かないとうまく全体に混ざってくれませんでした。

続いて、Amazonの現在価格から、一斤あたりのコストを計算してみます。

私がAmazonで購入している、全粒粉パンの材料一覧

まず、私がAmazonでいつも購入している商品と価格を順にご紹介しますね。

1.全粒粉

全粒粉は、Amazon限定ブランド「BAKING MASTER」のものを愛用しています。

価格もお手頃なのに全粒粉の臭みもなくて食べやすく、3歳の娘も美味しい美味しいと気に入っているので定期おトク便に申し込みました。

2021年8月現在の価格は、2kg入りで1,062円。

一回に使用する量が250gですので、一斤あたりの価格は132円です。

2.天然酵母

天然酵母は、パナソニックのホームベーカリーでも推奨されているホシノ天然酵母のパン種です。

ふくらみが安定していて、初心者でも管理しやすくて気に入っています。

賞味期限も長いので、いつも500gの大袋を購入しています。

500g袋のAmazonでの現在価格は、2,600円。

(楽天のほうが少しだけ安く手に入るようです。お好みでどうぞ)

大体50gで5回パンが焼けるので、一斤あたりに必要な価格は52円です。

3.砂糖

お砂糖は、波動法製造の極楽きび糖というものを使用しています。

1kg972円と少しお高めですが、その価値あってとっても美味しい!それにナトリウムやカルシウムなどの様々なミネラル分が含まれていますので、健康のためにもとこだわっています。

一斤に使う砂糖の量は、大体14g。ですので、一斤あたりにかかる価格は13.6円です。

4.塩

塩にもやはりこだわっていまして、海人の藻塩というお塩を使っています。

本を書かれた勝間和代さんは「わじまの海塩」という塩をおすすめされていましたが、海人の藻塩のほうがマイルドで食べやすい気がしたので、私はこちらが好みです。

価格も、1kg単位で購入すると、海人の藻塩のほうが1000円ほどリーズナブル◎

塩も砂糖もちょっとの事ですが、出来上がりの風味が全く変わってくるので、生成された食塩にはもう戻れなくなってしまいました。

海人の藻塩の価格は、1kgあたり3,711円。パン一斤あたり4g使用しますので、一斤あたりの価格は14.8円です。

5.無塩バター

無塩バターもスーパーで少量ずつ買うと高くつくので、もっぱらAmazon利用です。よつ葉バターの無塩タイプを購入しています。

少し冷蔵庫で場所をとりますが、単価が安くなるので450gの3個セットを選んでいます。

2021年8月現在の価格は、2980円。一斤あたりで使用する量はおよそ14gですので、一斤あたりの価格は30.9円です。

6.生くるみ

くるみとレーズンは、毎回必ず入れています。やっぱり具だくさんが、美味しい♪

勝間さんが書籍でアドバイスされている通り、合計で90gになるように、くるみとレーズンをそれぞれ45gずつ入れています。

くるみもAmazonのお得品を活用。少し風味が薄い気もしますが、パンに入れれば気になりません。

訳アリ品ですが、毎回ほとんど割れのないきれいなくるみが届くので、手でパキパキと砕いて入れています。

1袋あたりの価格は、1kg入って1,530円。1回45g使用しますので、一斤あたりの価格は68.8円です。

7.レーズン

こちらのレーズンは、ややしっとり気味でそのまま食べても柔らかくて美味しいです。パンに入れると温められて、ジューシーさが増すように感じます。

植物油不使用・無添加なので安心して食べられます◎

1kg入の袋で、価格は1,119円。一斤あたり45g使用しますので、一斤あたりの価格は50.3円です。

全粒粉パン一斤あたりにかかる金額のまとめと、合計コスト

以上をまとめますと、一斤あたりにかかる金額は

  • 全粒粉…132円
  • 天然酵母…52円
  • 砂糖…13.6円
  • 塩…14.8円
  • 無塩バター…30.9円
  • 生くるみ…68.8円
  • レーズン…50.3円

合計すると、勝間さんのレシピで焼いている全粒粉パンを一斤焼くのに、およそ362.4円かかっているようです。

まとめ

全粒粉パン

ずーっと一斤あたりのコストが気になりながらも計算できていなかったので、今回しっかり把握できて頭がすっきりしました!

ヤマザキやパスコの食パンと比べると高いですが、パン屋さんで買うよりははるかにお得◎

無添加で塩や砂糖にまでこだわって作った具入り全粒粉パンがこの価格だったら、まあアリではないでしょうか?

ちなみに我が家は5人家族で、一食につき大体6分の1をひとりで食べるので、一人あたりの1日のパンの金額は60円ということになります。

菓子パン買うよりも安い価格で、美味しさと健康を買えている結果となりました。

子どもたちも気に入ってくれているので、これからも続けて、なるべく加工食品に頼らない健康な食卓を目指したいと思います◎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしています

コメントする

この記事の内容
閉じる